三国志

三国志


歴史物語の三国志を解説していきます。
三国志物語 > 出師の表
出師の表
劉備の死後、皇帝劉禅の補佐を託された諸葛亮孔明は、呉にケ芝を派遣し関係を修復する。

益州南部で猛獲らが反乱を起こすが、孔明はこれを平定する。
またその地方から得た物資で軍資を捻出し、反対に益々国力を増強させていく。

227年、北伐の準備を整えた孔明は皇帝劉禅に"出師の表"を上奏する。

"出師の表"は、「これを読んで泣かない物は不忠の人に違いない」といわれるほどの名文として有名であり、後の世まで賞賛されている。

こうして、孔明の魏への北伐が行われる。

↓三国志の魅力満載!↓

【人気三国志ゲーム】
蒼天-そうてん-
三国志アクションRPG
三国志ゲーム


三国志Top
(C)三国志

[AD] 中年太り解消サプリメント