三国志

三国志


歴史物語の三国志を解説していきます。
三国志物語 > 天下三分
天下三分
曹操の大軍を敗退させた劉備は、孔明の献策に従い、益州の劉璋の攻略に向かい、益州を攻略する。

一方、曹操は関中を攻略し、建安16年(211年)関中を平定する。

益州、荊州、江東以外の領土を手にした曹操は
建安21年(216年)、魏を建国し魏王に即位した。

曹操の魏王即位を見て、劉備は益州(蜀)の地で"関中王"を名乗り蜀を建国する。

ここに魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備という天下三分が成立する。

↓三国志の魅力満載!↓

【人気三国志ゲーム】
蒼天-そうてん-
三国志アクションRPG
三国志ゲーム


三国志Top
(C)三国志

[AD] 赤羽駅・北区アルバイト派遣求人