三国志

三国志


歴史物語の三国志を解説していきます。
三国志物語 > 赤壁の戦い前夜
赤壁の戦い前夜
建安13年(208年)、荊州の劉表・劉備、江東の孫権を制圧しようと曹操は大軍を南下させた。

劉表死去後の荊州を降し、次に劉備に眼を向ける。

三顧の礼で諸葛亮孔明を軍師に迎えていた劉備だが、その圧倒的な曹操軍の前には、多勢に無勢、敗走を余儀なくされる。

趙雲、張飛などの超人的な活躍により、窮地を脱した劉備は、呉の孫権と手を結ぶために、軍師諸葛亮孔明を呉に向かわせる。

諸葛亮孔明の説得で、蜀呉同盟が成立する。

↓三国志の魅力満載!↓

【人気三国志ゲーム】
蒼天-そうてん-
三国志アクションRPG
三国志ゲーム


三国志Top
(C)三国志

[AD] 中古車 査定