三国志

三国志


歴史物語の三国志を解説していきます。
三国志物語 > 曹操台頭
曹操台頭
董卓の死後、世は再び乱れていく。

その中から頭角を現したのが曹操である。

曹操、字は孟徳。
宦官であった曹騰の孫であり、黄巾の乱平定の功により、西園八校尉に任命された。

その後の董卓の圧政を見て洛陽を脱出し、故郷に逃げ帰った。

初平元年(190年)、袁紹を盟主とした反董卓連合軍が成立すると、曹操も駆けつけた。

その後、反董卓連合軍は解散するが、曹操は東都太守に任命される。

初平3年(192年)、董卓が呂布に暗殺されると、再び黄巾の残党が各地で暴れ始める。

えん州牧に迎えられた曹操は、黄巾討伐の詔勅を受け、青洲の黄巾軍30万を討伐し、その軍勢を自身の傘下に組み入れ、勢力を拡大していく。

↓三国志の魅力満載!↓

【人気三国志ゲーム】
蒼天-そうてん-
三国志アクションRPG
三国志ゲーム


三国志Top
(C)三国志

[AD] 日払いアルバイト/ 確実に胸大きくなれる方法口コミ